「政次ロス」の記事が書けたので、やっとこの文章が書けるのだが、



    「直虎」政次処刑シーンに宿る大河黄金期のDNA
    https://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda-b/news/1875578.html





    という記事を読んだ時に、私も私にとっての大河ドラマの神回について考えて見た。

    が、回そのものでの出来で「これぞ大河ドラマの白眉っ!」と思いつくものがなかったんだな。

    さすがに一年を通して観るドラマという性格上、ひとつの大きな作品という長編小説(大河小説)的な要素が強いために、連作短編で白眉を選ぶようなワケにはいかないように思う。全てが関連し合ってクライマックスの感動に繋がるので。

    (ただね、『平清盛』のような駄作の場合はほぼ全編がつまらなかったために、時折面白い回として選ぶことはできるよ。私が選ぶ『平清盛』白眉の回は、第三十七回「殿下乗合事件」。脚本のバランスが良かった。というか、『平清盛』は勝負を投げたような脚本が多かったので、それが非常に残念な作品ではありましたね。)

    ということで、神回というものを思い出すのは諦めて(← 早いな;;)、大河ドラマで本気で泣いちゃった作品の話をしようかな。

    私が最終回で自分でも信じられないほど泣いた作品、それは

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    大河ドラマ 風と雲と虹と 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚セット DVD
    価格:19440円(税込、送料無料) (2017/9/20時点)



    『風と雲と虹と』です。

    大河ドラマ全体としては、私が観た限りで一番好きなのは『国盗り物語』。あと『花神』、『太平記』。面白かったのは『新選組っ!』ですかね。

    だけど一番泣いたのは『風と雲と虹と』です。
    それはなぜか・・・・・・私が無知だったから。

    『風と雲と虹と』を観ていた頃の私は中学生で、幼稚園児の頃から「そがきょーだいのかたきはくどうすけつね(曽我兄弟の仇は工藤祐経)」と知っていたような変な人間ではありましたが歴史の知識に偏りが多く、というか時代劇で見聞きしたものしか知らないような人間だったため、平将門という人物に対してまったく知識がなく、このドラマで初めて名前を聞いたという状態だったもんで、もんで、もんで、その、平将門が反乱を起こしたけど失敗して死んでしまう(正しくは、彼が死んだために戦に負けた)ということを知らなかったワケです。

    それで、最終回で将門が死んじゃったのがショックで泣いちゃったんですね。

    私は歴史を知らないものだから反乱、というか将門の起こした革命は成功すると信じて疑わなかったのね。だって、将門は主人公じゃん。失敗するわけないでしょ、死ぬわきゃないでしょ、と。
    (歴史の授業で習ってたかもしれないが、私はあんまり真面目に授業を聞いてないヤツだし、人と生まれで気がついたら時代劇を観ていたという人間なので、子供心にも時代劇と本物の歴史は違うものだという大人な認識がなぜかあったため気がつかなかったのかな。うーむ;;;)

    ま、確かに、『風と雲と虹と』以前の作品で、最終回で主人公が壮絶な無念の死を遂げるという作品『樅の木は残った』があったけど、


    樅の木は残った


    それを観ていた頃はまだ小学生の中学年でもちろん権謀術数渦巻く物語の内容がハッキリ理解できる年齢ではなく、また、敵も味方も欺きながらお家のために死力を尽くす原田甲斐の行動がハードボイルド過ぎて、ま、今年の『おんな城主 直虎』の政次と同じようなことをやってるんだけど隙がなさ過ぎて可愛げがない(原田甲斐に比べると政次は脇が甘い、が幸せ者。甲斐の場合、手足として使う数名の部下はいたにせよ、盟友亡き後はただ一人で戦っていた)、と言うと物凄く可哀想だけど、その英雄的な非業の死

    樅の木は残った 原田甲斐
    (瀕死の状態でありながらも、すべては自分がやったことと工作し、罪を被って息絶える)

    最後的樅木 (樅ノ木は残った) 總集編 下部

    (1:01:15あたりから大惨事。(死ぬのは)まだだ・・・原田甲斐。まだだぞ・・・と最期の執念を見せる原田甲斐。平幹二朗、凄すぎ;;;)

    によってもたらされたものが悲惨さだけ(お家は安泰だったけど、原田甲斐の一族、男子は皆切腹させられて原田家は絶えた)という、子供心にも「なんだよ、それーっ」な厳しい物語だったために、ホント、子供には泣けない作品だったのよね。



    その最終回の模様は、こちらのページに詳しいです。

    「樅ノ木は残った」クライマックスシーン
    https://blogs.yahoo.co.jp/bgytw146/32815700.html




    だけど、中学生くらいになって観た『風と雲と虹と』はストーリーも理解できたために泣けました、というか大泣き。

    私はねー、将門の語る夢の坂東が、ユートピアが出来るって信じてたのよ。



    風と雲と虹と、平小次郎将門より


    「・・・皆、聴いてくれ。この坂東から国司は去った。公(おおやけ)は消えた。そして何が残ったか? ・・・・お主たちだ。我らだ。我らとは何だ? それぞれ将であり、武者であり、兵である前に、まず大地と共に働く人間だ。まぁ、ここのところが誰の胸にもすぐに落ちぬというのは当然だ。俺たちが生まれるずーっと前から、国には国司があり郡司があり、そして、遥か中央の京の都には公がある。このことに俺たちは、慣れすぎてしまっていた。まるで、世の始まりから未来永劫までな。しかし俺は、今、本元にかえってまっすぐに考えてみようとした。素直な心で単純にだ。すると、こんなふうに思えてきた。「今まで当たり前であったことが、実は当たり前ではなく、まさにその逆さまが、本当は当たり前のことなんだ」・・・そうではないか?そう思えてきたんだ。公の権威も勢力も消えた今の坂東、これが本然の姿なのだ。今、坂東には自然が戻った。そこには律(りつ・刑法)も無く令(りょう・行政法)も無い。な、第一歩から始めてみようではないか? 我らの手で・・・・・」



    歴史無知だったせいで、マジ、将門とそしてその一党と共に夢を見ていたんだよね。

    だから最終回で将門のこめかみに矢が刺さった時には目を疑った、

    平将門 最終回

    というか固まったよ。

    矢を放ったのは田原(俵)藤太(藤原秀郷)。

    藤原秀郷

    平将門 藤原秀郷
    (この写真もハンサムだが、最終回の乱れ髪も色っぽかったな露口茂)

    「将門と藤太はお互いに相手を認め合い、仲良しで理解し合っているのになんでーっ」と中学生の私はショック状態。

    そのままドラマはエンディングを迎え、将門の死によって総崩れとなった反乱軍というか革命軍と言いたい坂東武者連合はほとんどの武者が討ち死にし、乱は平定され(くそっ)、坂東ユートピアの夢は露と消えた・・・・。

    だが、静かな夜には農民たちの耳に将門の駒音が響き、「将門さまは生きている」とその再来を待ち続けるのであった・・・・。


    とか、やられてもねー、今の私だったら目に涙をうっすら浮かべて「滅びの美学だねー」とつぶやくくらい大人になってるけど、中学生の私はもう茫然自失だったよ。

    ドラマを観終わってそのまま自分の部屋に戻り、ずーっと泣いた。
    そして寝たけど、起きてもショックが忘れられず、その後数日は落ち込んでた。

    「なんでだよー、なんでなんだよー」
    と何度もつぶやきながら、正義が通らないこともあるという、マジな世の中の厳しさを知った出来事だったかもしれない。

    ま、ひょっとしたら前世で、というか今のスピリチュアルな考え方だと多次元の私に、この乱に参加した武者もしくは坂東ユートピアを夢見ていた人物がいるのかもしれないなー。
    私の先祖は信長の時代の頃の「みちのくの武士(もののふ)」だったことまではハッキリしてるんだが、その前を辿れば関東の平氏だったかもしれないということもあり、ひょっとしたらそれで血が騒ぐのかもしれない。
    (東北の武士たちのことを描いた大河ドラマ『炎立つ』を観ていた時は、毎回なぜか訳も分からず気分が高揚していたということもあったのよね。← おいおい;;)


    ま、大河ドラマの神回について考えていたら、そんなことがあったって思い出したよ。

    大河ドラマの『風と雲と虹と』に関しては割と映像が残っているみたいなので、また機会があれば観てみたいと思っているけど、最終回を観たらやっぱり今でも涙が出るな。

    『風と雲と虹と』(かぜとくもとにじと)第52話


    「将門さまは生きている」

    大人になっても、今も信じているんだな、坂東のユートピア。
    ああ、将門さま、カムバックっ!










    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【送料無料】 ちょんまげ天国 〜TV時代劇音楽集〜 【CD】
    価格:1944円(税込、送料無料) (2017/9/20時点)



    ※大河ドラマのテーマ曲に歌詞をつけて加藤剛さんが歌ってたようですね。

    風と雲と虹と レコード

    風と雲と虹と OP


    ♪友よ風のように駆けたくないか
    あの雲の峰を越えて行きたくないか・・・・♪
    (歌詞はこちら http://j-lyric.net/artist/a0005c1/l02643a.html)

    さぁ、みんなで一緒に唄おうっ!(なんだよ、それ;;;;)







    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。





    <商品説明>
     壮絶な最期を遂げた小野政次(高橋一生)、その瞳と声をここに刻む
     戦国の世、女だてらに家督を継いだ井伊直虎を主人公にした、2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。
    高橋一生が演じる小野但馬守政次(おのたじまのかみまさつぐ)は、直虎の幼馴染。しかし二人の絆は秘められなければならなかった。政次が生を全うするまでを描く。
     辞世の句と幼少より親しんだ禅語「百尺竿頭進一歩」を政次自身の朗読と菅野よう子の音楽で綴る、涙の追悼企画。
     初回仕様として小野政次フォトブック「政次 命」(全24P)封入。音楽:菅野よう子 featuring 小野政次(高橋一生)






    事の起こりは、ヤフーで「ウェブ検索の急上昇ワード」に<大河ドラマ 直虎 神回>とかを見かけて、つい次の記事を読んでしまったことからだった。



    「直虎」政次処刑シーンに宿る大河黄金期のDNA
    https://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda-b/news/1875578.html




    私はもう大河ドラマを観なくなっていたので今年の大河ドラマの題名すら知らなかったんだが、その内容を知るにつれて、その記事に書いてあることも「まあ、あるだろうな」という気持ちになった。

    敵も味方も欺きながら、身を挺してお家とひいては殿(女城主)を守る忠義者。おまけに「忍ぶ恋」ときたもんだ。

    直虎 政次6

    直虎 政次2

    日本人の琴線にまともにヒットする設定ではないか。もちろん時代劇好きの私の心にもヒットしまくりである。ということで・・・・

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    おんな城主直虎(前編) NHK大河ドラマ・ストーリー [ 森下佳子 ]
    価格:1188円(税込、送料無料) (2017/9/19時点)



    大河ドラマ『おんな城主 直虎』を32話まで一気観してしまった;;

    いやー、昔と違って、連続ドラマを見逃していても観ようと思えば観られる現代。便利になったもんですよ。

    しかし、その神回とやらは第33話。その一話手前で止まってる。
    既にその神回の大体の展開と結末を知っているために、ちょっと悲しくて観られなくなっちゃって・・・・・。

    大国に囲まれた小国が、生き残りをかけての命懸けの攻防。
    その小国の家老が汚名をかぶったまま非業の死を遂げる。

    直虎 政次5

    家老の名前が小野但馬守政次(おのたじまのかみまさつぐ)というので、このドラマのファンの間では悲しみのあまり「政次ロス」という軽いショック症状が現れているそうで、どうも私もその流行り病に罹りそう・・・・・

    ということで、その状態を回避すべく神回第33話を観る前に、私はその「政次」を好演した俳優の高橋一生氏の別の動画を観ることによってショックを和らげようとしたのであった(いわゆる「役にハマッた」という状態になると、役者とその役との同一人物視化が始まってしまうものだが、それを逆手にとって、別の役を演じている姿を観ることによって、とりあえず「ま、普通に役者さんが演じている単なるドラマなんだから」と冷静になろうとしたのである)。

    ま、いつもの動画ネットサーフィンに突入したのですよ。

    で、You Tubeで最初にヒットとしたのがこちら↓。

    スノービューティー2017高橋一生×武井咲 朝篇「21:25東京発、プラハ行き」|資生堂


    スノービューティー2017高橋一生×武井咲 夜篇「夏ノ空ニ、降ル雪ハ」|資生堂


    以前にも記事を書いたことがある資生堂の化粧品「スノービューティー」のシリーズである。

    でもこれでは、「政次」と役柄的にかぶってるしな(以前に記事を書いた2015年版の方が面白かったし(ゴメン))。もっと明るいのが・・・・と思いながら観たのがCM集。

    高橋一生CMまとめ!懐かしの脇役から最新まで!


    この中でもアイスクリーム「MOW」のシリーズがなかなかイイ。

    高橋一生出演・スピンオフ/森永MOW 6秒動画×10本


    かなり気分が明るくなってきたぞ。
    そして見つけたのがコレだった。

    貝原秘書最高!!


    おおっ、『民王』は観たいと思いながら観損なってたドラマだよ。

    そのノリで見つけたのがコレ。

    Stress Free Tamiou Ver


    なんだ、このぶっちぎりノリノリキレキレ感はっ!

    決まりだ。よし、『民王』を観ようっ。


    ・・・・・・ということで、『民王』、そして特別編とスピンオフの番外編まで、とりあえず観られるものはすべて観た私であった・・・。

    こうしてやっと気が済んだので、近いうちに問題の第33話を観よう。それも第35話まで続けて観れば(第35話の題名は「蘇えりし者たち」)、つまり政次の死からその後まで一気に観れば、一応事の顛末のまとまりがつく。状況が落ち着くところまで見届ければ、視聴者の心も落ち着くというワケである。

    直虎 政次3

    ああ、良かった。


    それにしても・・・・・なんでココまでやるかなー、あたし;;






    (おまけ)
    そう言えば、私が気分転換として個人的によく観る動画に高橋一生氏が出ていたよ。

    Swing Girls (スウィングガールズ)


    高橋一生 スウィングガールズ

    彼だったのねー。ホントにたくさん仕事してる人だな。



    (ついでのおまけ2)
    直虎 & 政次 MAD












    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    民王 DVD BOX [ 遠藤憲一 ]
    価格:14912円(税込、送料無料) (2017/9/19時点)



    <商品説明>
    入れ替わった父とバカ息子。「天然総理」がニッポンを変える!

     入れ替わった父とバカ息子。「天然総理」がニッポンを変える!
     累計50万部発行の池井戸 潤の人気作を初ドラマ化!
     遠藤憲一・菅田将暉W主演による痛快政治エンターテインメント!
     本仮屋ユイカと知英、そして高橋一生や金田明夫、草刈正雄など豪華共演陣が集結! !

    Blu-ray/DVD BOX でしか見ることのできないオリジナルコンテンツが満載!
    映像特典には最終章の「ディレクターズカット版」を収録!未公開シーンを収めたメイキング映像、制作発表イベント“組閣発表イベント”模様のほか、人気急上昇の高橋一生による“秘書 貝原の政治用語講座”など、政治ドラマならではの必見特典映像も!第七章と最終章にはオーディオコメンタリーも収録!
    さらに、ドラマの人気キャラクター・モフモフンのシールと、漫画家・二ノ宮知子(『のだめカンタービレ』)描き下ろしイラスト含むポストカード 5 枚セットが封入されます!ドラマファン必携アイテムです!




    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    民王スペシャル詰め合わせ DVD BOX [ 遠藤憲一 ]
    価格:10862円(税込、送料無料) (2017/9/19時点)



    <商品説明>
    遠藤憲一・菅田将暉がW主演で贈る痛快政治エンターテインメント『民王』が完全オリジナル脚本で待望のカムバック! 高橋一生演じる大人気秘書・貝原の過去が明らかになるスピンオフも!


    ■数々の賞を受賞した池井戸 潤原作の大人気ドラマ『民王』が完全オリジナル脚本で待望のカムバック!
    女性から爆発的人気を誇る高橋一生演じる秘書・貝原の過去が明らかになるスピンオフ、さらに、総理の密命を受けた貝原の葛藤と奮闘を描く番外編も!
    <収録内容>
    【Disc】:DVD4枚
    ■DISC-1『民王スペシャル~新たなる陰謀~』
    泰山と翔が再び入れ替わり、閣僚を巻き込んで大騒動!!
    ■DISC-2『民王スピンオフ~恋する総裁選~』
    女性人気 No.1 秘書・貝原の知られざる過去、そして恋…
    ■DISC-3 スペシャルディスク 1
    貝原 vs おバカ 2 世議員 爆笑必至シチュエーションコメディドラマ
    ■DISC-4 映像特典ボーナスDVD
    BOX限定のオリジナル映像が満載!約 130 分の超大ボリューム!!






    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド [ 新海誠 ]
    価格:1728円(税込、送料無料) (2017/7/19時点)



    【内容情報】(出版社より)
     『秒速5センチメートル』(07年)、『言の葉の庭』(13年)など意欲的な作品を数多く作り出し、次世代の宮崎駿、ポスト細田守と称される気鋭のアニメーション映画監督・新海誠。
     美しい色彩で描かれるすれ違う男女の物語を、精緻な風景描写と繊細な言葉によって紡ぎ出す“新海ワールド"は
    世代や業界、国内外を問わず大きな刺激と影響をおよぼしてきた。
     その新海誠監督の待望の新作となる『君の名は。』でキャラクターデザインを務めるのは、『心が叫びたがってるんだ。』(15年)などで新時代を代表するアニメーターとなった、田中将賀。また、『千と千尋の神隠し』(01年)など数多くのスタジオジブリ作品を手掛けた、アニメーション界のレジェンド、安藤雅司を作画監督に迎えるなど、日本最高峰のスタッフがスタジオに集結。音楽はその唯一無二の世界観と旋律で、熱狂的な支持を集めるロックバンド・RADWIMPSが担当する。
     声の出演として、三葉が夢の中で見た男の子・瀧役に同世代の中でひときわ異彩を放つ演技派俳優、神木隆之介。そして、自らの運命に翻弄されていくヒロイン・三葉役を、オーディションでその役を射止めた上白石萌音が務める。

     山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉、そして、東京に暮らす男子高校生の瀧。出会うはずのない二人は、ある日、お互いの存在を知る。それは、心と身体が“入れ替る"、不思議な夢の中で……。少年と少女が経験する恋と奇跡の物語。世界の違う二人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」。新海誠はその物語を圧倒的な映像美とスケールで描き出す。

     誰もが経験したことのない、アニメーションの新領域。新たな“不朽の名作"が、この夏、誕生する!

    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     美麗な映画のカットをふんだんに使ったストーリーガイド!キャラクター設定、美術設定、小物設定、背景、絵コンテ、企画書など、資料満載!監督:新海誠、作画監督:安藤雅司、キャラクターデザイン:田中将賀への充実のインタビュー収録!この本でしか読めない企画満載の一冊。
    【目次】(「BOOK」データベースより)
     VISUAL STORY/SPECIAL CROSS TALK/STAFF INTERVIEW/東京ロケーションMAP/ART SELECTION/CHARACTER GUIDE






    君の名は1


    自分の暮らしているこの世界は美しい、と感じさせてくれる映像だから、やっぱり好きですね。



    スパークル [original ver.] -Your name. Music Video edition- 予告編 from new album「人間開花」初回盤DVD









    <商品基本情報>
    発売日: 2017年07月26日
    アーティスト: 神木隆之介, 上白石萌音, 成田凌
    監督: 新海誠
    発売元: 東宝(株)
    販売元: 東宝(株)
    ディスク枚数: 1枚(Blu-rayDisc Video1枚)
    収録時間: 153分
    映像特典内容: 【映像特典】
    映画公開記念特番「新海誠・日本中がこの才能に恋をする。」/英語主題歌版本編/プロモーション映像集(特報・予告・TVスポットなど)/新海誠監督フィルモグラフィ新海誠監督がこれまで手掛けた作品をまとめた映像




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。




    <商品説明>
    小粋なヴォーカルとダンスで世界中を魅了した、ミスター・トップ・ハットことアステアの1956年発表作品の紙ジャケ、世界初CD化。お馴染み「スワンダフル」はじめ洒脱なヴォーカルが心地好い。








    ああ、なんとなくネットが繋がっている。すっごく嬉しい。
    おまけに、たまたまつけたラジオから、なぜか私の大好きなフレツド・アステアの歌声がっ。それも「Dancing In The Dark」じゃんかっ!

    Fred Astaire- Dancing In The Dark 1952



    えっ、なんで?
    年末で特別番組なのか? いや、そんなことはないはずだけど。
    民放でまともに聴こえるのは、このあたりではたった一局。
    地方放送局で、年末年始と言っても特別番組は「箱根駅伝」や「全国高校サッカー」みたいなスポーツものの他は、ま、なんかあるみたいだけど、年内はこれと言ってないはずだし。
    この時間帯にラジオを点けることは多いけど、フレツド・アステアの歌声が流れるようなゴキゲンな番組なんかやってないよな・・・・。

    で、曲が終わり、そのゴキゲンな時間の最後に、何度も聴いたことのあるエンディングミュージックと、番組のタイトルが告げられた。
    「優駿 ~名馬物語~」。日本競馬史上の名馬を毎回一頭とりあげて、紹介する番組だよ。

    ・・・・・・・

    ああ、競馬馬の名前だったのね。放送の本編は聴けなかったけど、そういうことなんだろう。

    ダンスインザダーク
    ダンスインザダーク

    いやー、それにしても年末ののんびりした夕食後に、なんとなくこもったような民放ラジオの音で、アステアの美声を聴くのって風情があっていいわーーっ。

    で、ネット繋がってるのも嬉しくて、「Dancing In The Dark」のネットサーフィン。ああ、久々に楽しいっ!

    アステアの「Dancing In The Dark」で真っ先に思い出すのは、やっぱコレですよ。ミュージカルの名作『バンドワゴン』で、美人女優でダンサーのシド・チャリシー共演したナンバー。


    Dancing in the Dark by Fred Astaire and Cyd Charisse, 1953


    あー、久しぶりに観たよ。ロマンチックな大人のダンスだよね。

    で、『バンドワゴン』と言えば、コレ↓ですよ。

    "Girl Hunt Ballet" — Fred Astaire and Cyd Charisse, 1953


    ああ、なんてダイナマイトなシド・チャリシーっ!

    これも良かったな。

    Shine On Your Shoes


    そして、『バンドワゴン』は、ミュージカルなんか観ない人でも、どこかで聞いたことのあるあの名曲が歌われた映画なんですねー。

    “That's Entertainment” from The Band Wagon 1953



    あー、久々にネット動画で遊べて楽しかったー・・・・と書きたいところだが、ネットに繋がってても、結局切れまくって、この記事が仕上がるのに3時間以上かかったよ;; 嗚呼っ!











    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    バンド・ワゴン【Blu-ray】 [ フレッド・アステア ]
    価格:1200円(税込、送料無料) (2016/12/30時点)


    <商品説明>
    【解説&ストーリー】

    ザッツ・エンタテインメント!/エレガントな魅力あふれるミュージカルの名作!/落ち目のスターがブロードウェイで友人の脚本家夫妻と組み、舞台での大ヒットを目指して奮闘する、コメディタッチのミュージカル。/歌良し、ダンス良し、楽しさ満点のこの作品は、ミュージカル映画最高傑作の一つに数えられている。/主役の元スターを演じるのは、映画史上最高のダンサー、フレッド・アステア。/いつもながらに優雅で完璧な歌とダンスの魅力をあふれさせている。/シド・チャリシーを始めとする共演者と、次々とびだすナンバーの素晴らしさも、まさに驚異的。/監督のビンセント・ミネリにとっても、その才能を発揮した代表作となっている。

    The Band Wagon - Theatrical Trailer




    (おまけ)
    そう言えば、デビー・レイノルズさん亡くなったんですね。亡くなった事情が悲しすぎるんであえて書かないけど、謹んでご冥福をお祈りします。
    このナンバーはとても好きでした・・・・。

    Singing in the Rain - Good Morning !!




    【解説】
    トーキー到来期のハリウッドを舞台に綴られる映画スターの恋…。ジーン・ケリー&MGMミュージカルの傑作!
    【ストーリー】
    ハリウッドの人気スター、ドンとリーナは10本以上の作品で共演する名コンビ。世間も彼らの結婚は間近だと噂している。そんなある夜、ドンはコーラスガールのキャシーと知り合い忽ち恋に落ちる。やがてドンとリーナの新作の撮影が始まるが、時代はサイレント映画からトーキーへと転換期を迎える。彼らの作品も途中トーキーに変更。ミュージカル化され、なんとリーナの吹き替えをキャシーが務めることになり……。

    雨に唄えば Singin' in the Rain [1952]







    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。


    美女と野獣 コクトー6







    ドラマ『スミカスミレ』のことを書いてるうちに、面白くなって「美女と野獣」関連のネットサーフィンに突入してしまったいつもの私;;

    いろいろな作品があってとっても面白いので、今回の記事は自分のためのメモとしての貼り付けスクラップ記事なわけなんだが、それにつけても思い出すのは、その昔、名画座でジャン・コクトーの映画『美女と野獣』を観た時のこと。

    美女と野獣1

    王子さまの呪いが解けて、

    美女と野獣 コクトー1

    野獣の姿からハンサム王子に変身した瞬間、

    美女と野獣2

    私は罰あたりにもガッカリしたのだ。野獣の姿の方が良かった、と。

    この作品の王子さま(野獣)役は押しも押されぬ二枚目

    美女と野獣 コクトー2

    ジャン・マレーである。

    普通は「待ってましたっ! ジャン・マレーッ!」と叫ぶところなのだろうが、ヒロインのベルと一緒で、野獣の姿のままのその人に対してだんだん好意を抱いてきたものだから、なんか唐突に「私は実はこんなハンサムな王子さまだったのです」とにこやかに微笑まれてもねー、気分は「ニヤけたあんたじゃないよ、あたしの野獣を返してっ!」でしたよ。

    それはベルも同じだったように見えたなー(↓ このシーン。「あんた誰?」な感じ)。

    La Belle et La Bête


    原作だってさ



    青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/001135/files/43125_21540.html

    ラ・ベルとラ・ベート(美し姫と怪獣)
    ヴィルヌーヴ夫人 Madame de Villeneuve
    楠山正雄訳



    ・・・・・・「いいえ、ラ・ベートは死んではなりません。」と、ラ・ベルはいいました。「あなたはいつまでも生きていて、わたしの夫になっていただきます。いま、わたしは、ほんとうにあなたを愛していることが分かりました。」
     このことばが、さけばれたとたん、御殿じゅう、火事のようにあかるくかがやきだしました。五色の火花が、大空にとびちりました。さかんな音楽のひびきが、大地をふるわせました。
     おそろしい怪獣のすがたは、どこにもみえなくなりました。
     そのかわりに、こうごうしいまでに、りっぱな王子が、そこにいて、むすめの足もとに膝まづいていました。そして、むすめのまごころの力で、なが年とけなかった魔法の呪がとけて、ほんとうの姿にかえられたことを、よろこんでいました。
     でも、むすめには、まだそれがわからないのです。それで、心配そうな目で、怪獣のゆくえを追っていました。
    「まあ、おきのどくなラ・ベート、わたしの怪獣さんは。」

    「その怪獣が、わたしですよ。」と、王子がいいました。「あるいじわるな妖女が、わたしを苦しめるため、魔法で呪って、みにくいけものの姿にかえてしまったのです。その呪をとくには、いつか心の清いおとめが、わたしのみにくい姿かたちをわすれて、まごころからいたわってくれるまで、待たなくてはならなかったのです。それがあなただったのですよ。」・・・・・


    底本:「世界おとぎ文庫(イギリス・フランス童話篇)妖女のおくりもの」小峰書店
       1950(昭和25)年5月1日発行




    ほら見ろ、ベルは「わたしの怪獣さん(;;)」を探しているじゃないか。


    まぁ、なんというか、あの野獣のフカフカなところが好きなんだな。

    ディズニーのベルだってさ↓

    美女と野獣(日本語音声)


    美女と野獣 ディズニー1

    やっぱりフカフカを楽しんでるじゃん!

    他の作品の野獣さんたちも

    美女と野獣 コルネリア・グレーシェル3

    美女と野獣 フランス版2

    なかなかフカフカでイイよ。

    ということで、「王子さまはフカフカに限る」という結論に達する私であったよ(しょーもない結論;;)。







    <以下、商品リンクと覚え書きのための貼り付けスクラップだよん>


    美女と野獣

    美女と野獣
    価格:562円(税込、送料別)


    <内容>(「BOOK」データベースより)
    父の旅のみやげに一輪のバラの花を頼んだため、心優しいベルは、見るも恐ろしい野獣の住む城へ行かなければなりませんでした。さて、野獣は彼女に何を求めたでしょうか…。詩人ジャン・コクトオが絶賛し、映画化したこの美しい幻想的な物語は、二百年も前に書かれながら今日も人々の心を捉えます。他に「三つの願い」等珠玉の十四篇収録。




    【ストーリー】
     魔女の呪いによって、野獣の姿に変えられてしまったわがままな王子。魔法のバラの最後の花びらが散るまでに、心から人を愛し、愛されなければ、永遠に醜い姿のままになってしまいます。ある日、そんな野獣の元に美しく聡明な娘ベルが現れます。呪いで家具や道具に変えられてしまった城の家来たちは、彼女こそ呪いを解いてくれるのでは・・・と期待するのですが、ベルは野獣の傲慢さに心を閉ざしてしまいます。残された時間はあとわずか。果たして、愛の奇蹟は起きるのでしょうか。
    【解説】
     ディズニーが贈る永遠のプレミアム・ラブストーリー

    Beauty and the Beast - Original Release Trailer (1991)






    <商品説明>
     野獣が大切にしているバラを摘んだ老商人。そのバラの代償として末娘ベルが古城へと向かうが……。ファンタジー映画のルーツともいわれ、数ある『美女と野獣』の中で最も美しいとされる作品。歌舞伎からヒントを得たシーンなども興味深い。
    【解説】
     ファンタジー映画のルーツ。これはジャン・コクトーとルネ・クレマンが贈る最も美しい“美女と野獣"

    La Belle et la bête (1946) - Trailer




    美女と野獣 [ ヴァンサン・カッセル ]

    美女と野獣 [ ヴァンサン・カッセル ]
    価格:2,894円(税込、送料込)


    【ストーリー】
     バラを盗み、命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われた美しい娘ベル。死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。かつてその城で何があったのか、野獣が犯した罪とは?いま、真実の愛が、隠された秘密を解き明かしていく。

    映画『美女と野獣』予告編


    美女と野獣 フランス版

    美女と野獣 フランス版5

    美女と野獣 フランス版4




    【ストーリー】
    片田舎に住む美しい娘エルサは、父ヒューゴと二人暮らし。ある日、仕事で遠方に出掛けたまま戻らない父を心配し、エルサは森へ捜しに出掛けることに。一方、道に迷ったヒューゴは、偶然辿り着いた人けのない古城で一夜を明かし、翌朝エルサへのプレゼントにと、園庭の美しいバラを一輪摘み取った。その瞬間、野獣のような唸り声と共に恐ろしい姿をした男に襲われてしまう。必死で助けを求めるヒューゴに、男は非道な交換条件を言い渡した。それは、この城を出てから最初に会う人間を差し出すということ。しかし、ヒューゴが城を出て最初に出会った人間は、娘のエルサだった…。
    【解説】
    呪いを解くカギは、真実の愛のみ。/誰もが知るラブ・ストーリーの金字塔を実写映画化!/魔法をかけられた野獣と、囚われの身となった少女の真実の愛を描く珠玉のファンタジー・ロマンス!!


    映画『美女と野獣』予告篇


    美女と野獣 コルネリア・グレーシェル1

    美女と野獣 コルネリア・グレーシェル2






    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。




    <公式ホームページ第一話ストーリーより>
    http://www.tv-asahi.co.jp/sumikasumire/story/0001/

     家業の手伝いや、祖父と両親の介護に追われ、恋愛や大学生活といった青春を一切経験することなく、65歳になった独身の如月澄(松坂慶子)。長年介護した母を亡くし、天涯孤独の身となった彼女は、遺影の写真を探すため納戸へ。黒猫とカキツバタの絵が描かれた古い屏風にうっかり指を引っかけ、血で屏風を汚してしまう。ところが、血はなぜかみるみるうちに屏風へと吸い込まれ、跡形もなく消えてしまった! 不思議に思いながらも、澄は納戸を後に。アルバムを見ながら、青春とは程遠かった昔を思い出し、後悔の念を抱く。

     と、その時だ! いきなり謎の男が現れた。その正体は黎(及川光博)――カキツバタの屏風から飛び出し、人に姿を変えた黒猫だった! どうやら、先ほど降りかかった澄の血が、黎を屏風の中に縛り付けていた“封印”を解いたらしい…。訳が分からず、動揺する澄。そんな中、黎に望みを聞かれた彼女は、突き動かされるように「人生をやり直したい」と答えるのだが…。

     さらに信じられないことが起こる。目覚めた澄は黎の術によって、なんと20歳の姿になっていたのだ! この日を境に、彼女は自分を「主」と呼んでかしずく黎に言われるまま、如月すみれ(桐谷美玲)と名乗って憧れの大学へ通うことに。自分の姿と新しい生活に戸惑い、時に恐怖にも似た不安を感じながらも、青春をやり直そうとする。そんな折、すみれはキャンパスで見覚えのある男子学生と再会する。その人はすみれが65歳の姿だった頃、バスの中で親切にしてくれた真白勇征(町田啓太)で…!







    もともと大学の文学部で比較文学(西洋文学が日本文学に与えた影響とか翻訳移入史とか)というものをやってたもんで、小説や映像作品に触れると、その物語の構造パターンを自然と分析してしまう私。

    簡単にいえば、「あ、この話は、あの話に似ている」「ああ、あのパターンね」とか真っ先に考えてしまうんですよ。

    だから、ドラマ『スミカスミレ』は、途中で『美女と野獣』

    美女と野獣1

    美女と野獣2

    だと気づきそうなもんですが、それが、なんと、私ともあろうものが、最終回までそれに気づかなかった。

    てか、「それはないだろう」「そんなうまい話があるわきゃないよ」、などと、感情移入していたというか、まさに私が「常識という呪いをかけられていた」ために、そんなことが見抜けなかったんですね。

    ドラマなんだから、ファンタジーの結末はなんでもアリだよ――といういつもの考え方ができなかった。

    ・・・・・・・・

    やっぱりねー、「人生が二度あれば」とか「過去をやり直したい」とか、そんな想いをマジで切実に抱えるような、それなりに痛い過去とスネに傷持つ年齢になるとねー、ファンタジーを観ていても「そんな願いは(完璧な形では)叶えられないよ」なんて、夢も希望もない「常識」という呪いがかけられちゃってねー、と言うか自分で自分に「常識」という呪いをかけていたみたいで、知らず知らずのうちに考え方が真っ暗に固まってたりして・・・・。今回はそのことに気づかされて愕然としましたですよ。

    ドラマ途中で、全ての事情を知って味方になってくれるお寺の御住職の「でも、それ(若返ること)は自然の摂理に反することだ」という台詞に大納得していた私。

    でも、もう納得しちゃいけないんだよ、これからの世の中は。
    欲しいものを手に入れるために、幸せになるために、「常識」に縛られちゃいけない。
    だって「常識」の大半は、一部の人が大勢の人たちをコントロールするための洗脳なんだから。

    それに・・・・最近は「自然の摂理」すら変化してるみたいだし(変なこと、不思議なこと多いよね)、もうあんまり気にすることないのかも。

    自分がどんなときも幸せであることを「常識」とする世の中になりつつある・・・・・ような気がする。




    スミカスミレ 真白くんのプロポーズ
    (まさかの45歳差プロポーズ。ま、最近ではこれくらいの歳の差ラブは珍しくもないが、その後の展開がアレだとは)

    スミカスミレ 真白くんとツーショット
    (いつまでもお幸せに。)



    と、『スミカスミレ』は、意外に私の心に衝撃を与えてくれたドラマでありましたよ。むむむむむ。






    (おまけ)

    個人的には、やはり黒猫の黎さんが良かったな~。

    黎さん6

    黎さん3

    黎さん5

    ↓お茶目だよー(笑)

    黎さん


    「老婆なら老婆らしく、胸を張って厚かましく生きろっ!」は、名言ですよ。

    【スミカスミレ 45歳若返った女】スペシャル動画コンテンツ『現場さんぽ』#10


    私も肝に銘じますです。はい。




    (おまけ2)
    秦 基博 / スミレ(Short Ver.)+Sally(from特典DVD)










    <内容>
     女子高生の中身は還暦!?
     如月澄は、祖母・父・母を介護し続け、気がつけば恋もしないまま60歳になっていた。母の葬儀を済ませ独りきりになったある日、澄のもとに黎と名乗る猫が現れ「青春をやりなおしたい」という望みを叶えてやると言う。17歳の少女・すみれとして若返った澄は高校に通うことに!?




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    少女漫画の名作、萩尾望都氏の『ポーの一族』シリーズを原案としているということでつい観てしまったスペシャル・ドラマ『ストレンジャー』。

    ストレンジャー

    いやー、私は『ポーの一族』の大ファンで、その昔、フラワーコミックス版全5冊を


    ホントに擦り切れるまで読んだ過去があるのですよ。

    ドラマ自体は、ひと言で言えば「『踊る大捜査線』版「ポーの一族」」でした(無理してひと言で説明すんなよ;;)。

    ストレンジャー 人物関係図

    ですから、ドラマの台詞や設定に『ポーの一族』の名台詞、設定が散りばめられていたもんで、そのたびにガンガンいろいろなシーンを思い出し、「あ、「リデル森の中」っ」、「マチアスーっ!」、「ああ「魔法使い」だよ。いや、アーサー・トマス・クエントン卿でもいいか。グレン・スミスでもいいけど」、「あー、やっぱり血液研究者は眼鏡かけてる。懐かしのテオ(ドール)!」などなどなどなどとかもう、一人でえらく楽しんでしまいました。

    今更ながらに、自分がどれだけ『ポーの一族』に夢中になっていたかを思い出させてもらいましたよ。

    と、個人的には凄く楽しめたんで、続編が作られたら、また観てしまいそうです。
    何ていうか、佐伯刑事に佐伯刑事なりのジョン・オービン(魔法使い)をやってもらいたいですね。

    ああ、ごめんなさい。
    いちいち説明すると長くなるんで、『ポーの一族』を知らない方にはまったく意味不明な文章を連ねてますが、その点はお許し下さいませ。

    興味のある方はコチラ↓


    Wikipedia 『ポーの一族』
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%97%8F




    を参照してくださいませ。

    それにしてもですね、ドラマの中で一人の民族学者とと一冊の本が出てきただけで、私は「ああ「魔法使い」だよ。いや、アーサー・トマス・クエントン卿でもいいか。グレン・スミスでもいいけど」と一遍に三人の名前が出てきたくらいだし、ドラマを見終わって「香織ちゃんは「リデル」だと思っていたけど、助けられなかったという点で「シャーロッテ・エヴァンズ」でもある」と思ったくらい、ホントに脚本が良く出来ていた、というか、脚本家さんは『ポーの一族』をよく読みこんでいると思ったし、「私みたいなファンだったんじゃないか」とも思ったし、そうじゃなければ「本当によく勉強されました」と言いたいくらい、原作が形を変えてうまく織り込まれてました。

    あとね、主人公がお仕えするお嬢さまが弱った時に、「遠慮しないでください。私は大丈夫ですから」と言って血を与える、というか「エナジー」を与えるシーン

    ストレンジャー3

    では、木原敏江氏の漫画『銀河荘なの!』


    を思い出したんですけども、関係ないな、やっぱり;;

    ああ、まだあった。うまく織り込んでいると言えば「パロディとして上出来」ということですが、一応、警察も出てくる犯罪ものなんで、その事件と犯人像が、ヒッチコックの某有名映画のパロディだったのには笑いました。

    サイコ Psycho 1960

    (某とか書いてるのに、動画貼るなよ、あたし;;)

    このように、わたし的には全体がわかりやすく楽しめたドラマでしたよ。


    さて、『ポーの一族』と言えば、思い出すのがアン・ライス(Anne Rice)『夜明けのヴァンパイア(Interview With the Vampire,1979)』 を映画化した『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』。


    インタビューウィズヴァンパイア Interview with the Vampire TRAILER



    二作品が影響を与えあったわけではないんですが(きっと)、一方の作品ファンが、もう一方の作品を読むと、どうしても連想してしまう・・・・・というだけのことなんですけどね。

    で、この映画でトム・クルーズが吸血鬼役を演じるのを聞いた時、その頃の私は、トム・クルーズと言えば「『トップガン』野郎」

    トップガン

    としか思ってなかったんで「えーっ」とか思ったんですが、なんと、明るい髪色で長髪のトム・クルーズ、すっげーハンサムでカッコ良かったんですよ。

    インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア1

    インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア2

    作品全体も退廃美に溢れていて、

    インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア3

    未だに印象に残ってます。

    また観たいな、などと、大好きな作品を原案としたドラマを観たために、ちょこっと思ってしまった本日でございました。










    <内容>
     青い霧に閉ざされたバラ咲く村にバンパネラの一族が住んでいる。血とバラのエッセンス、そして愛する人間をひそかに仲間に加えながら、彼らは永遠の時を生きるのだ。その一族にエドガーとメリーベルという兄妹がいた。19世紀のある日、2人はアランという名の少年に出会う…。時を超えて語り継がれるバンパネラたちの美しき伝説。少女まんが史上に燦然と輝く歴史的超名作。



    【内容情報】(「BOOK」データベースより)
     「私がヴァンパイアとなったのは、25歳の時、1791年のことだ…」彼はそう語りはじめた。彼の前にはテープレコーダーが置かれ、一人の若者が熱心に彼の言葉に聞き入っている。彼は語る。アメリカからヨーロッパへ、歴史の闇を歩き続けた激動の200年間のことを。彼をヴァンパイアとした“主人”吸血鬼レスタトのこと、聖少女クロウディアとの生活、東欧の怪異、訪れた破局。-伝説の存在、吸血鬼への驚愕すべきインタヴュー。世界的ベストセラーとなった大作!




    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。



    魔術師マーリン DVD-BOX1 [ コリン・モーガン ]

    魔術師マーリン DVD-BOX1 [ コリン・モーガン ]
    価格:9,525円(税込、送料込)


    <商品説明>
     2008年にイギリスで製作され、日本では2009年にNHK-BSで放送されたSFファンタジー・ドラマ。イギリスに伝わる神話“アーサー王物語”に登場する魔術師・マーリンの若き日の活躍と、アーサー王とのかかわりを描く。第1~6話収録。
    【シリーズエピソード】
     第1話 運命の出会い/第2話 勇気ある者/第3話 ニムエの徴/第4話 毒杯/第5話 勇者ランスロット/第6話 二人の宮廷医師/第7話 魅惑の瞳/第8話 ドラゴンの警鐘/第9話 魔法の剣/第10話 マーリンの帰還/第11話 ユニコーンの呪い/第12話 憎しみと哀しみの間に/第13話 偉大なる魔術師
    【シリーズストーリー】
     5世紀ごろ実在したとされるアーサー王の英雄伝を基に、その後1,000年かけてヨーロッパで語り広められた「アーサー王伝説」。そのアーサー王伝説をモチーフに、10世紀のイギリスを舞台に、アーサー王を助け導いた偉大なる魔術師マーリンとまだ王になる前のアーサーの青年時代を描いたファンタジードラマ。生まれながらに不思議な魔法の力を持っているマーリン。しかし王国キャメロットでは魔法が禁じられており、魔術師は死刑にされていた。地下に閉じ込められたドラゴンの予言により若きアーサー王子の召使となったマーリン。表向きには魔術師であることを隠しながら修行を重ね、アーサーと王国を支えていく。







    YAHOO! のGYAO!さまのおかげで、とうとう英国ドラマ『魔術師マーリン』シリーズを観終わることができました。
    ありがとう、GYAO!




    魔術師マーリン シーズン5 プロモーション映像 予告編
    http://gyao.yahoo.co.jp/player/11079/v00003/v0000000000000000189/


    魔術師マーリン シーズン5
    http://gyao.yahoo.co.jp/p/11079/v00003/


    「魔術師マーリン」特集はこちら
    http://special.streaming.yahoo.co.jp/tv_series_marin/index.htm
    l






    ・・・・・とは言うものの、ネット環境が最悪だった去年12月に配信されてたシーズン3は、どんなことしてもネットが繋がらずに観られなかった回が2話あるんだよーーーーー。
    (シーズン4は、たかが47分くらいのドラマを観るのに、切れまくって3時間かかったこともあったよーーー。)
    またの配信を希望しますです。よろしくね、GYAO!(媚びてるなー・・・;;)


    このシリーズは、伝説のアーサー王の養育者として老魔法使いというそれまでのイメージ↓



    魔術師マーリンの冒険



    のマーリンを、アーサーと同じ若者

    アーサーとマーリン2

    という設定とした点が斬新で、それだけでも目新しいのに、舞台である王国キャメロットが徹底的に魔法というものが禁じられている国(悪用しただけでなく、ちょっと使ったらもちろん、怪しいと疑われただけでも死刑;;)であるために、なんと、英語圏では魔法使いの代名詞であるマーリンが魔法使いであることを公にできない、というもの凄いことになってるドラマなんですよ。

    そのために、宿命の流れで

    マーリンとドラゴン

    アーサーとマーリン コインの表裏
    (おまえたち二人はコインの表と裏<生まれながらの王たるアーサーと生まれながらの魔術師マーリン>。)

    アーサー王子の従者となったマーリンは、普段はまったく魔法が使えずにアーサーの雑用に完全肉体労働でこき使われております。だけど、アーサーの危機には魔法を使って救いまくり、それを毎回ごまかし、そしてアーサーが鈍感(;;)なことも手伝って、なんとか魔法使いであることがバレずにいるんですね。

    でも、こんなにアーサーのために尽くしているのに感謝もされない・・・・というのがマーリンの不満だったりするんですが、それもシーズンが進むごとに、アーサーへの友情と忠誠が深まるにつれてなくなっていきます。

    マーリンとアーサー1

    マーリンとアーサー7

    マーリンとアーサー8


    毒杯を前にするアーサーとマーリン
    (毒杯を前にして、お互いに相手のために自分が毒を飲もうとするアーサーとマーリン)


    またそれ以上に、魔女となってしまったアーサーの異母妹・モルガーナ(シリーズ後半の最大の敵役)

    モルガーナ77

    モルガーナ2

    が予知夢で「自分を破滅させる人物は<エムリス>」ということを知って、<エムリス>の正体を突き止めるのに躍起になってからは、(ドルイドが呼ぶ)別名<エムリス>を持つマーリンは、もう完全に自分が魔法使いであることは知られるわけにはいかなくなってしまうんですが。(実際、マーリンが<エムリス>であることを知った人間は、最終局面を迎えるまではドラマの都合上死ぬ展開となります。)


    というわけで、最も偉大な魔術師であるはずのマーリンが、毎回魔法を使っても、それでも存分に魔術を使えないというフラストレーションが視聴者には溜まっていく・・・・・のですが、そのおかげで最終話のカムランの戦いにおけるマーリンの魔法が凄過ぎて、「そんなに魔法を使えるんならさっさと使っとけよ!」と言いたくなるくらいでしたね。

    Merlin 5x13 "The Diamond of the Day - Part 2" Part 2


    (大っぴらに魔法を使わなければならない場合は、いつも加齢の魔法を使って、従来のイメージ通りの老魔法使いの姿になるマーリン。← 若者に戻れなくなることアリの強力魔法;;)

    マーリン 老人バージョン
    (老人バージョン)

    マーリン 老婆バージョン
    (苦肉の老婆バージョン;;)

    もっとも、マーリンはカムランの戦いの前にモルガーナの計略で魔力を全て失い、必死の思いで<最初に魔法が生まれた場所>「水晶の洞窟」によって再生したんで、それでマックスパワーアップしたのかもしれないけど。

    しかし、予言通りにアーサーの死が近づいたことを知ったマーリンは、ついにアーサーに告白してしまいます。
    「僕は魔法使い。僕には魔力がある」と。

    マーリンの告白

    シリーズ最終回の予告編は登場人物たちのカットだけで、音声はこのマーリンの告白だけが流れるんですが、それを観た時、私は「ああ、とうとうこの時が来たか」と感慨深かったです。

    あれですね、『機動戦士ガンダム』の最終話で「ホワイトペースが沈む・・・・」の台詞と、ガンダムの片手片足が溶けて崩れ落ちるシーンを観た時くらいの感慨がありましたよ。
    (私は最初期の「ガンダム(一年戦争)」をリアルタイムで観ていた世代で、当時、友だちの間では「ホワイトベースはワンクールもたないだろう」と噂されてましたからねー。)

    とうとう最終回のそのシーン、私はアーサーがちょっとくらいは「そうじゃないかと思ってた・・・」なんて言うかと思ってたんですが、なんとアーサーはあれだけ(全作65話で毎回)マーリンの魔法で助けられてたにもかかわらず、本気で「青天の霹靂」みたいにその言葉を受け止めるんですね。

    Merlin 5x13 "The Diamond of the Day - Part 2" Part 4


    ホントに気づいてなかったのかよ、アーサー。マジな鈍感男。さすが伝説の王様、並みじゃないよ・・・。
    (素直に相手の言うことを信じて疑わない人なんですよね。だから絶対的忠誠を誓う人が後を絶たないワケで;;)

    アーサー王と円卓の騎士たち
    (アーサー王と円卓の騎士たち)

    ま、アーサーは、ずっとマーリンのことは「弱々しい従者だから、俺が守ってやらなきゃなんない」と思い込んでたんでしょうね。弱っちいくせにどんな危険な場面でも自分の側にいて、時には自分のために命を投げ出す勇気も持ってる可愛いヤツ――大将はそう思ってたんだなー・・・・。


    そして、伝説の終焉を迎えてドラマは終わります。

    Merlin Season 5 Great Trailer Finale! SPOILER!



    ああ、このドラマはシーズン2までは順調に日本でも観られてたんですが、その後、ずーっと日本では公開されなくて、もう先がどうなってるのか観たくてたまらなかったですねー。それが今回GYAO!さまのおかげで観られまして、返す返すもGYAO!さま、さまさまで、感謝してます。



    またシーズン1から配信してくれるかなー・・・・・くれるでしょう、きっと!
    だからその時は、興味ある方は観てくださいねん。楽しいよ。

    で・・・・・・、最終話を観たショックで、また第一話を観てしまったんですが、

    魔術師マーリン シーズン1 【吹替版】 話数限定 第1話 「運命の出会い」
    http://gyao.yahoo.co.jp/player/00998/v00162/v0000000000000000455/


    ああ、もの凄いマーリンとアーサーの成長がわかりますねー。

    「アーサーって、こんなガキ大将だったっけ?」
    「マーリン、隙だらけ;;」
    「モルガーナ、優しいー! 美しい!(シーズン5でモードレッドが「優しかったモルガーナに戻ってよ」と言うけれど、ホント、その通りだよ、モルガーナ)」

    モルガーナ1

    モルガーナとモードレッド


    等々、新鮮な感動に包まれてしまいました。


    モルガーナが復讐の魔女となるシーズン3、

    Merlin Series 3 ♥ Episodes 1-13 Complete Official Trailers [Recap]



    モルガーナとの戦いが熾烈を極めるシーズン4、

    Season Four Trailer | Merlin



    そしてシーズン5は、冒頭からアーサーの死の予言とそれをどうしても回避できないマーリンの苦悩、

    Merlin: Full Length New Series Trailer Autumn 2012 - Series 5 - BBC One



    と、ホントに後半は胸が痛くなるような展開が続くんですが、そんな気配もまったくないシーズン1は、なんか、いいですね。

    Season One Trailer | Merlin



    機会があったらまた最初から観たいシリーズです。
    GYAO!さま、よろしくお願いします(ペコリ)。

    というわけで、最後までGYAO!さまに媚びる記事でございました。わはははは;;









    魔術師マーリン2 DVD-BOX2 [ コリン・モーガン ]

    魔術師マーリン2 DVD-BOX2 [ コリン・モーガン ]
    価格:9,525円(税込、送料込)


    <商品説明>
    【シリーズエピソード】
     第1話 シーガンの呪い/第2話 アーサーとグウェン/第3話 悪夢のはじまり/第4話 ランスロットとの再会/第5話 美女になった野獣/第6話 王の涙/第7話 魔女狩り/第8話 母への想い/第9話 湖の少女/第10話 恋の媚薬/第11話 モルガーナの裏切り/第12話 眠らされたキャメロット/第13話 受け継がれる力
    【シリーズストーリー】
     5世紀ごろ実在したとされるアーサー王の英雄伝を基に、その後1,000年かけてヨーロッパで語り広められた「アーサー王伝説」。そのアーサー王伝説をモチーフに、10世紀のイギリスを舞台に、アーサー王を助け導いた偉大なる魔術師マーリンとまだ王になる前のアーサーの青年時代を描いたファンタジードラマ。王国の跡継ぎとしての責任が大きくのしかかったアーサー王子は、自身の母親に起こったかを知る。悪夢に苦しむモルガーナ姫は自分に不思議な力があることに気付く。グウェンは、かつて愛した勇者ランスロットの出現に心が揺れ・・・。マーリンの魔法の腕前はどんどんあがっていき、強力な魔物にも臆せず立ち向かう!


    Season Two Trailer | Merlin




    魔術学 魔術師マーリンの秘密

    魔術学 魔術師マーリンの秘密
    価格:3,456円(税込、送料込)


    <内容>(「MARC」データベースより)
     魔法使いの仕事と仕事場、忠実な使い魔、魔法の飛行と空飛ぶじゅうたん、予言と占い、有名な魔法使いなど、様々な角度から魔術学に迫る本。ページをめくるたびに、さまざまなしかけや楽しい工夫がいっぱい。








    (おまけ)
    6a01310fba7b09970c017c324c3018970b.jpg

    6a01310fba7b09970c017c324c3001970b.jpg

    アーサーとマーリン33







    ペットのおうち
    ※ 犬、猫、小動物、魚、鳥、爬虫類、その他まで、ペットの里親募集情報サイト。